PFA年間最優秀選手が発表されるなど佳境を迎えている2018-19シーズンのプレミアリーグ。

ここでは、『sportskeeda』による「今季もっともガッカリだった選手たち」を見てみよう。

【関連記事】プレミアリーグ全クラブ、2018年夏の補強ランキングはこうだった

アレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)

アレクシス・サンチェス

なぜアレクシスがオールド・トラッフォードで失敗してしまったのかはいまだに謎だ。

アーセナル時代はリーグ最強選手のひとりだったが、2018年1月の電撃移籍後はさっぱりなのだ。

昨季後半戦はわずか2ゴールで、CLセビージャ戦では酷いパフォーマンスを露呈。今季はよくなるだろうと思われたが、そうはならず。

怪我と低調により、今季プレミアリーグでの得点数はわずか1。オレ・グンナー・スールシャール監督下ではほとんど出番がなく、ユナイテッドでの不幸せな期間はこの夏にも終わりうる。