欧州最高の戦いであるUEFAチャンピオンズリーグのグループステージが終了し、決勝トーナメントの組み合わせが決まった。

ここでは、『Squawka』による「グループステージでがっかりだったワーストイレブン」を見てみよう。

GK:アンドリー・ピャトフ(シャフタール)

アンドリー・ピャトフ

彼にとっては厳しい話だが、守備ユニットとしてのシャフタールはひどかった。

最終節までの5試合で全て2失点以上を奪われたのだ。リヨンとの最終戦は1失点(1-1)だったが、敗退にはもうすでに十分だった。

RB:フアンフラン(アトレティコ)

フアンフラン

彼は2年ほど前からフェードアウトするかに思われたが、そうはならず。だが、その代わりに今年にそれは起きてしまった。

33歳のベテランSBは、ドルトムントの18歳ジェイドン・サンチョにズタズタにされ、チームは0-4と大敗した。