欧州主要リーグがシーズン終盤を迎えるなか、プスカシュ賞候補になりうるすごいゴールが生まれた。

リーガ第35節ビジャレアル対ウエスカ戦で…。(動画57秒~)。

 

ビジャレアルMFパブロ・フォルナルスがラボーナでゴールを決めてみせたのだ。これはお見事!

実は右足で蹴ったボールは左足の甲に当たっているのだが、それでGKのタイミングを外すような絶妙なシュートになった。

スペイン代表経験も持つ23歳のフォルナルスはインテリジェンスとクオリティが評価されている逸材。ビッグクラブに行く日も近いかも!?

【関連記事】「サッカー界の伝家の宝刀!必殺テクを持つ9人の大物」

なお、試合は1-1の引き分けで終了。残り3試合となったリーガでビジャレアルは降格圏から5ポイント差の14位につけている。