オーストラリア・Aリーグは2日、メルボルン・ヴィクトリーに所属している元日本代表MF本田圭佑のコメント動画を掲載した。

レギュラーシーズンが終了し、優勝者を決めるグランド・ファイナルが開幕するオーストラリア。3日には3位のメルボルン・ヴィクトリーと6位のウェリントン・フェニックスが対戦する。

敗れたら終わりのトーナメントであり、チャンピオンを目指すためにはこれから3連勝が必要である。

今季オーストラリアで新たなキャリアを始めた本田圭佑は以下のように話し、何かを起こすと宣言した。

本田圭佑

「僕はまだ満足していない。3位でこのリーグを終えるのではね。

チャンピオンになるチャンスが残っている。この機会をムダにするべきではない。自分のベストを尽くして準備してきた。

これはとても重要だ。どれだけ大きな試合であるか、どのような意味を持つかを考えればね。

まだチャンスがある。チャンピオンになれる。満足はしていない。勝たなければならないよ。何かを起こすよ」

【関連記事】本田も続け!オーストラリアでインパクトを残した日本人選手たち

メルボルン・ヴィクトリー対ウェリントン・フェニックスの試合は3日の午後6時50分からキックオフ予定。本田圭佑の契約は夏までとなっているが、来季はどうなるのか…。