UEFAチャンピオンズリーグでまたも奇跡を起こしたリヴァプール。

バルセロナとの準決勝1stレグに0-3で敗れていたのだが、2ndレグで4-0で勝利し大逆転でのファイナル進出を決めたのだ。アンフィールドでの90分では実に様々な出来事があった。

リヴァプールDFアンドリュー・ロバートソンはリオネル・メッシの頭を抑えつけたほか、ルイス・スアレスとも衝突。その接触によって交代を余儀なくされたが、代わって投入されたジョルジニオ・ワイナルドゥムが2ゴールを叩き込むという結果に。

『joe』などによれば、試合後にはインタビュアーとこんなやりとりがあったそう。

アンドリュー・ロバートソン(リヴァプールDF)

「(スアレスとバトルしていましたね、彼はあなたを交代へと追い込みました)

どっちが決勝に進んだんだい?

ファイナルに行くのは僕らだ。自分が気にしているのはそれだけさ。

ジニ(ワイナルドゥム)が入って、2点を決めた。(スアレスとの一件は?)今はどうでもいいね」

【関連記事】 いま世界で最も優れた左サイドバック、TOP5

ファイナル行きを決めたのはどっちだい?との痛快なコメントは現地でも話題になっているようだ。