『Tuttosport』は15日、ゼニト・サンクトペテルブルクでプレーしている元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオのインタビューを掲載した。

昨年ロシアリーグに新天地を求めたマルキージオ。今季は怪我に苦しめられたが、9試合で2ゴールを決めている。

彼の古巣ユヴェントスは現在マッシミリアーノ・アッレグリ監督が退任するのではないかと噂されており、次期指揮官が誰になるのかという憶測も話題になっている。

ユヴェントスの監督に誰がなってほしいのか?マルキージオは以下のように話し、リヴァプールのサッカーを非常に気に入っていることを明かした。

クラウディオ・マルキージオ

(今季のチャンピオンズリーグ決勝はリヴァプール対トッテナムになった)

「僕は、引き抜くことが出来ないであろう監督のことが好きなんだ。そう、ユルゲン・クロップのことだよ。

彼のサッカーには夢中になっているよ。クロップがやろうとしているサッカーの方法が好きだ。彼はイタリアでも本当に上手くやってくれると思うよ。

【関連記事】ユヴェントス、『0円』で獲得した最高の選手TOP5

ただ、もしアッレグリ監督が残ったとしても、なにか間違ったことになるとは思わない。

なぜなら、彼は常に勝利してきた指揮官であり、それは些細な栄冠ではないからだ」