『Corriere dello Sport』は14日、「ローマを退団するダニエレ・デ・ロッシには3つの選択肢がある」と報じた。

長くローマ一筋でプレーしてきたデ・ロッシであるが、35歳になった今夏契約満了でチームを離れることとなった。

まだ去就については発表されておらず、引退については否定された。そのためどこのクラブへ行くのか注目されている。

彼に早い段階で関心を抱いていたのはアメリカ・メジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティであるとのこと。

しかし昨年からフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンも彼の獲得を検討しており、今夏の移籍先候補にもなっているそう。

そしてもう一つはアルゼンチンの名門ボカ・ジュニオルス。デ・ロッシはかつてインタビューで「ボカでプレーしたい」と話していたことで有名だ。

現在ボカのスポーツディレクターを務めているのはかつてローマでプレーした元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソであり、デ・ロッシの獲得を実現したいと動いているとのこと。

【関連記事】デ・ロッシは遂に退団…5大リーグで生き残る貴重な「ワンクラブマン」たち

ローマは「基本給ゼロ、出場するたびに給与を支払う」という契約をデ・ロッシに提示したそうだが、すでに退団を発表しているため受託される可能性は低いそうだ。