今週末に2018-2019シーズンの最終戦が行われるリーガ。

それを前にバレンシアのポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスが交通事故に見舞われたと、『Cadena SER』が伝えている。

ゴンサロ・ゲデス

バレンシアでの事故が起きたのは木曜日午後7時頃。彼が乗るフェラーリとオートバイが接触。事故自体は軽いものだったというが、バイクの運転者が足に軽傷を負ったとのこと。

ゲデスが乗っていたのは、フェラーリ・F12ベルリネッタ。価格は30万ユーロ(3683万円)ほどだとか。

【関連記事】この10年に生まれた『NEXTロナウド』11名はどうなったのか

なお、バレンシアは26日にバルセロナとのコパ・デル・レイ決勝も控えている。