『A Bola』は21日、「ポルティモネンセのFWアイウトンに対し、FC東京が関心を寄せている」と報じた。

アイウトン・ボア・モルテ、通称「アイウトン」は1993年生まれの25歳。今年1月にエストリルからポルティモネンセに移籍したウインガーだ。

前半戦では2部で19試合に出場し4ゴールを奪う活躍を見せ、ポルティモネンセ加入後も12試合2ゴールとなかなかの結果を残してきた。

ベレネンセス戦の動画に収められているゴールパフォーマンスのバック宙も話題になった(動画10秒~)。

記事によればFC東京は彼の獲得に向けて250万ユーロ(およそ3.1億円)を投じる構えがあるとのことだが、ポルティモネンセとの契約に設定されたバイアウト条項は2000万ユーロ(およそ24.7億円)となっている。

【関連記事】この冬、Jリーグにやって来るかもしれない外国人選手たち(2018-19編)

また彼にはメキシコのクラブからもオファーがあるとのことで、代理人は今後数日間で東京とメキシコシティに赴く予定だそうだ。