『Besoccer』は30日、「リーガ・エスパニョーラのエスパニョールは、日本代表MF乾貴士に関心を抱いている」と報じた。

ロシア・ワールドカップでインパクトのある活躍を見せ、今季開幕前にレアル・ベティスに加入した乾貴士。

しかしキケ・セティエン監督の下でチームになかなか馴染むことができず、1月のマーケットでアラベスへとローン移籍していた。

アラベス側は今夏のマーケットでの買い取りを検討していると言われているが、金銭的な問題でオプションの行使は難しいという。

【関連記事】この1年で欧州移籍した日本人センターバックとその評価額

また、エスパニョールは他にもヘタフェでプレーしている日本代表MF柴崎岳の獲得も考えていると伝えられている。中国資本になったクラブとして、さらなるアジア市場への進出を狙っているようだ。