『Times』は13日、「アーセナルのU-9で監督を務めているアレックス・ニコルズは、女性審判への暴言で活動禁止処分となった」と報じた。

事件は今年初めに行なわれたアーセナルU-9とレディングU-9の試合で発生したものだとのこと。

アーセナルの指揮を取っていたニコルズは、この試合を裁いていた10代の女性審判が下したジャッジに不満を持ち、「Little P◯◯◯k(男性器の意味で、一般的には相手を侮辱するスラング)」など虐待的な暴言を叫んでいたとのこと。

審判は最終的には涙を流し、試合終了後にはアレックス・ニコルズとの握手を拒否したそう。

イングランドサッカー協会はこの試合を受けて調査を開始。当初ニコルズは侮辱的な行為を否定していたが、後に暴言を発したことが確認された。

【関連記事】 「美女審判」の前でパンツを脱いだ選手、1年間の出場停止に

ニコルズには3試合の活動停止処分と400ポンドの罰金が課せられ、アーセナルは彼をU-9の監督から解任。1スタッフとしての立場に戻したそうだ。