『L’Equipe』は13日、「ネイマールを性的暴行で訴えていた女性が、ブラジル警察から名誉毀損で告訴された」とと報じた。

先日大きな話題になったネイマールの性的暴行疑惑。訴えているのはナジーラ・トリンダージという26歳の既婚女性である。

彼女は先日『SBT』のインタビューに応じていたが、その内容がいろいろと波紋を広げているようだ。

その中では『買収されたの?そうじゃないの?それとも私がクレイジーなの?』と警察を揶揄するコメントもあった。

これに対しブラジル警察は名誉毀損でナジーラ・トリンダージを訴えることにし、すでに法的措置に出たことを明らかにしたという。

ナジーラは先日「流出した分(上記動画)以外の映像が入ったタブレットが弁護士に盗まれた」と宣言し、それがきっかけとなり二人目の弁護士にも辞任されている。

警察を「買収されたの?」と揶揄したのは、タブレットが盗まれたという自宅から怪しい指紋が一つも発表されなかったという捜査結果に抗議したものだったようだ。

【関連記事】 まだネイマールも無理!「ブラジル人のW杯得点」ランキングTOP10

いまのところネイマールとナジーラのどちらが正しいのかは不明だが、徐々に後者にとって不利な状況になっているように見える。