イングランド・プレミアリーグのチェルシーは、「マウリツィオ・サッリ監督が今季限りで退任し、ユヴェントスへと移る」と発表した。

記事によれば、サッリ監督は先日のヨーロッパリーグ決勝戦を終えた後の交渉においてイタリアへの復帰を希望したという。

その理由は、両親が高齢であることからサッリ監督が家族の近くに住みたいという希望があったためだとのこと。

ユヴェントスとの契約は2022年6月30日までの3年間。マッシミリアーノ・アッレグリ氏の後を継ぐ形で、かつて指揮していたナポリの最大のライバルを率いることになった。