昨夏のワールドカップで優勝を果たしたフランス代表の主力MFポール・ポグバが来日した。

マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーへの移籍が噂されるなか、adidasのイベントでの注目の発言が話題に。

『Guardian』や『Telegraph』、『Marca』など各国のメディアで伝えられたのは、以下のような言葉だった。

ポール・ポグバ

「マンチェスターでの3年間は素晴らしいものだった。いい時も悪い時もあったが。

今季が終わり、自分にとってはベストのシーズンになった…どこか別の場所で新たなチャレンジをするのにはいいタイミングになりえると思う。

それを考えているところだ。他の場所で新たなチャレンジをすることを」

この東京での発言により、退団説が一気に加速。

【関連記事】 日本の「天才少年」も!レアル下部組織でプレーしたアジア人5名

『Telegraph』では「ユナイテッドからの退団希望を示唆」とも伝えている。