来年行われる東京オリンピック。UEFA U-21欧州選手権で4強に入ったドイツ、フランス、スペイン、ルーマニアの出場が決まった。

最も印象が薄そうなルーマニアだが、グループステージで逸材揃いのイングランドを4-2で撃破。”ルーマニアのエムバペ”とも呼ばれるフロリネル・コマンはスーパーボレーを含め2ゴールの大暴れを見せた。

GKは一歩も動けず!こりゃすげぇ。

また、謎の股抜きパスもやっていた。何度も見ないと分からないぞ!

 

なんじゃこりゃ…。

ボールを跨ぐようなトリッキーなタイミングでのパスに相手は全く反応できず。だが、味方のヤニス・ハジもまさかすぎてパスを受け取れず…。

【関連記事】「亡くなった姉」 と東京五輪を目指す22歳の守護神の話が泣ける

FCSB(旧ステアウア・ブカレスト)に所属するフロリネル・コマンは1998年生まれの21歳。

左サイドを主戦場にするアタッカーでガラタサライが興味を示しているとも。もしかすると、長友佑都と左サイドでコンビを組むかも?