来年行われる東京オリンピック。サッカー競技への出場権を勝ち取る代表チームが徐々に出始めている。

そうした中、『BBC』は「2020年オリンピックで英国は女子サッカーチームを派遣するだろう」と伝えた。

サッカー界では英国はイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドに分かれているが、五輪への出場資格があるのはイギリス。

ただ、上記女子4協会は昨年10月にGB(グレートブリテン)チームを東京に派遣させる試みに合意。その要件は今年の女子ワールドカップでのイングランド女子代表の活躍にかかっていた。

このほど、イングランド女子はノルウェーを撃破してW杯ベスト4に進出。この結果、イギリス女子代表として東京五輪に出場することになる見込みになった。

2012年のロンドン五輪の際には男女のサッカー競技でチームGBが形成されている。

なお、今回の男子チームは4協会の合意形成がなされなかったうえ、出場権がかかっていたUEFA U-21欧州選手権でも準決勝に到達できず。

【関連記事】2020年東京五輪のサッカー競技、知っておくべき5つのこと

なお、オリンピックのサッカー競技は男子は23歳以下だが、女子には年齢制限はない。