来年の東京オリンピックの出場権争いも兼ねていたUEFA U-21欧州選手権。

決勝ではスペインがドイツを2-1で撃破し、同一カードだった前回大会のリベンジを果たす形で優勝を遂げた。

大会MVPに選ばれたのは、ナポリに所属するMFファビアン・ルイス。決勝戦ではこんな足技を披露していたぞ!

相手が寄せてきた瞬間に華麗なダブルタッチで突破!うまい…。

【関連記事】 「サッカー界の伝家の宝刀!必殺テクを持つ9人の大物」

グループステージでは仰天のバナナシュートを叩き込んだほか、決勝戦でも値千金の先制点を決めたファビアン。今大会では背番号6を背負った。

スペイン代表の背番号6といえば、アンドレス・イニエスタが長年に渡って着けた番号。ファビアンは左利きでタイプ的には異なるが、ダブルタッチが得意なのは似ているかも?

なお、彼は1996年生まれのなので、東京五輪世代(1997年1月1日以降)には該当しない。