開催国ブラジルの優勝で幕を閉じたコパ・アメリカ。開幕直前にセレソンのキャプテンを託されたダニ・アウヴェスは大会MVPに輝く活躍を見せた。

そのアウヴェスは『SporTV』に出演。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて、ブラジルに対する発言は敬意を欠いていると苦言を呈していたという。

ただ、メッシとアウヴェスはバルセロナ時代に右サイドでホットラインを形成していた仲でもある。その関係性が分かるような秘話も明かしていた。

ダニ・アウヴェス

「メッシとの話を教えよう。(彼への)自分のパスをグアルディオラは好まなかった。

サイドバックからウィングへのパス。フェイクパスだ。

ボールをウィングに送る。中から外へ、外から中へと、ウィングはボールを失うことなく攻撃ができる。

自分はメッシに多くのパスを出した。

グアルディオラは俺に文句を言ったよ。俺はこう返した。

『監督、悪いけれど、メッシは2分もボールに触れなかったら、試合から切り離されてしまう』。

彼は俺たちのために試合を決める準備をしなければいけない。だから、試合から切り離されてはならない。

俺は彼を試合につなぎ留めておき続けた。グアルディオラは、俺(アウヴェス)が正しいと言ったよ」

バルサ時代のジョゼップ・グアルディオラ監督はサイドバックが同サイドのウィングへパスを出すことを好まなかったそう。

ただ、アウヴェスはメッシが試合から消えてしまわないように、指揮官に逆らってパスを送り続けたんだとか。その結果、ペップもアウヴェスのほうが正しいと折れることになったようだ。