『Telegraaf』は14日、アトランタ・ユナイテッドで監督を務めているフランク・デ・ブール氏のコメントを掲載した。

2016年にインテルの監督に電撃就任したデ・ブール氏であるが、準備もほとんどできないまま迎えた序盤戦で成績が低迷し、僅か14試合で解任された。

その後クリスタル・パレスでも結果を残せなかったが、昨年からMLSのアトランタ・ユナイテッドで監督を務め、アメリカで好成績を収めている。

なぜ欧州で成功できなかったのか。その理由について、彼は以下のように話したそのこと。

フランク・デ・ブール

「私はとても若いチームと働いている。『元会長』もいない、影響力を持っていたディレクターもいない。

インテルでは、選手たちの代理人が私のところに来て言ったものだよ。

『あなたが私のクライアントをプレーさせないということを分かっていれば、このクラブが監督に任命することを許さなかっただろう』と。

それは人々に事実を理解させるものだ。彼らがどれだけクラブに影響を与えているのか。

私はショックを受けたよ。彼ら代理人に懲戒処分を出さなかったことにね。

その点で言えば、アトランタ・ユナイテッドで働くことはとてもリラックスできる。

確信しているよ。もし彼らがもう少し私に対して忍耐を持っていれば、インテルでもっといい仕事が出来たとね。

私の中にはまだ失望があるよ。あそこで本当に出来たはずのことを証明できなかったという点でね。

ヨーロッパのトップリーグにおいて成功できるということを、私はもう一度見せつけたいのだ」

【関連記事】 10分?! 英国の「すぐチームを去った監督たち」

欧州のリーグでは影響力を持っている人物が多すぎること、監督に対する忍耐がないことが問題だと感じているようだ。ただ、そこで成功を収めたいという願望も持っているとのことだ。