欧州主要リーグの開幕が徐々に近づいてきた。ブンデスリーガは8月17日に2019-2020シーズンが幕開けする。

7連覇を達成したバイエルン・ミュンヘンだが、DFマッツ・フメルスが古巣ドルトムントへ復帰。両者の対戦は今季も注目を集めそうだ。

そうした中、バイエルンのエースFWロベルト・レヴァンドフスキがフメルスについてコメントした。『DW Sports』によれば、こう述べていたそう。

ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルンFW)

「彼が自分の座(スタメン)を懸けて戦うために残らなかったのは悲しい。

今、彼は僕らの敵だ」

2人はかつてドルトムントで同僚だった間柄。再び敵と味方に分かれることになった今季はどんなバトルを繰り広げるだろうか。