ヴィッセル神戸への移籍が決まった元ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン。

アヤックス、アーセナル、バルセロナなどでプレーしてきた彼は33歳のセンターバックだ。

全盛期には攻守に卓越したパフォーマンスを披露していたが、近年は多くの怪我に悩まされてきた。それだけにJリーグの舞台でどんなプレーを見せるのか楽しみだ。

そのフェルマーレンは、バルセロナとの契約満了に伴い、フリーで神戸に移籍する。

ベルギー紙『Het Laatste Nieuws』の記者によれば、彼にはアル・アラビ、ニューイングランド・レヴォリューション、アンデルレヒトからもオファーがあったという。

中東、MLS、そして故郷ベルギーからのオファーを断って日本行きを決めたようだ。