リーガ第17節、バルセロナは宿敵レアル・マドリーとのエル・クラシコに0-3で勝利した。

負傷中のフランス代表DFサミュエル・ウンティティに代わり、この日もベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンは先発起用された。

そんななか、彼の妻であるポリー・パーソンズさんがこんな動画をSNSにアップしていた。

Daddys #1 Fan Club
Mrs Vermaelenさん(@pollyroseparsons)がシェアした投稿 -

TVに映し出されたのは、クラシコのスターティングイレブン。ヴェルマーレンの姿を見つけると、大喜びしていたのは彼の子供たちだとか。パパを見つけて嬉しそうだ!

シーズン前にはバルサでほぼ構想外となっていたヴェルマーレン。だが、バルサは彼が出場したリーグ戦15試合を12勝3分と、これまで一度も負けていないそう。

こうなると、もはや守り神的な存在!?

試合後のエルネスト・バルベルデ監督も「彼はボールを完璧に走らせていたし、いい試合をした。パワフルで速い、ハードなDFだ。彼は偉大な選手であることを見せつけたよ」と讃えていた。