週末に行われるエル・クラシコ。

レアル・マドリーとバルセロナにとって2017年最終戦となる一戦は、リーガの優勝争いにおいて決定的な意味を持つだろう。

スペイン代表DFとして、かつてバルセロナやチェルシーでプレーしたアルベルト・フェレール氏もこう述べている。

現在、首位バルサと4位レアルとの勝点差は11ポイント。レアルのほうが消化試合数がひとつ少ないとはいえ、ここで負けてしまえば、ほぼ望みはなくなってしまう。

それだけに絶対に負けられないという決死の覚悟で挑んでくるはずだが…。