『Inside』は10日、「バルセロナの元ベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンは、アーセナルが懐かしいと話した」と報じた。

アーセナルで5シーズンに渡って活躍し、その後バルセロナに移籍したヴェルマーレン。しかしスペインでは怪我に悩まされ、4シーズンでまだ27試合にしか出場していない。

彼は先日のノースロンドンダービーを見たことを明かし、アーセナルでプレーしていたころが懐かしいと語ったという。

トーマス・ヴェルマーレン

「先日のダービーを見たよ。あの雰囲気を見ただろう?それが毎回どんな意味を持つのか。信じがたいものだよ。

あそこでの5年間、僕は本当に幸せだった。懐かしいよ。

あのスタジアム、そして彼らがいいプレーをしているのを見た時には、いい思い出が蘇ってくるよ」