ブラジルを撃破してワールドカップ準決勝に進出したベルギー代表。決勝の地を目指して、フランスと激突する。

この決戦を前にDFトーマス・ヴェルマーレンは、日本戦を引き合いに出してこう述べていたという。『Sporza』が伝えている。

トーマス・ヴェルマーレン(ベルギー代表DF)

「僕らは優勝候補筆頭を撃破してきたし、いいフットボールを見せてきた。

困難な時でもやれることを示した。日本戦のようにね。

今の僕らの狙いは決勝戦に勝つことだ。それができると信じているよ」

2点ビハインドを背負った日本戦では厳しい状況に陥りながらも、底力を見せつけた。それが自信になっている感じだろうか。そして、優勝を狙っていると断言したとのこと。