レアル・マドリーのプレシーズンマッチで確かな存在感を見せている久保建英。

現時点でトップチーム登録されている25人には含まれていないものの、『Marca』では久保も今季の戦力だと見なしている

先日のトッテナム戦ではわずか10分間のプレーで何度もゴールを脅かした。圧巻のボールキープから放った強烈シュートで相手選手が倒れ込んでしまう場面も。

それがこのシーン。

スパーズDFジャフェット・タンガンガの顔面に至近距離からシュートが直撃…。

シュートに持ち込むまでの久保のプレーも見事だったが、20歳と若いタンガンガの決死のブロックだったともいえるかも。

レアルは日本時間8日に南野や奥川を擁するレッドブル・ザルツブルクと対戦する。