ついに開幕した2019-20シーズンのプレミアリーグ。昨季CL準優勝と躍進したトッテナムはアストン・ヴィラをホームに迎え撃った。

だが、昇格チーム相手にわずか9分で先制されると、後半25分すぎまでリードを許す展開に。

その窮地を救ったのが、タングイ・エンドンベレ。今夏クラブ史上最高額で獲得されたフランス代表MFが叩き込んだ強烈な同点ゴールがこれ!

落ち着いて狙ったシュートは相手DFタイロン・ミングスに当たってゴール!

これで息を吹き返したスパーズは終了間際にハリー・ケインが2ゴールを決め、3-1で劇的な逆転勝ち。

プレミアリーグデビュー戦でいきなりチームを救うゴールを決めたエンドンベレ。あのエンゴロ・カンテも「すごい選手。フィジカルとテクニックを兼ね備え、いいシュートもある」と絶賛する逸材だ。

試合後にはこう自画自賛していた。

タングイ・エンドンベレ(トッテナムMF)

「すごいゴールだったね!

普段の自分はシュートをよく打つほうじゃないけれど、今回はボールが来てチャンスだったのでそうしたんだ。

枠内に打ったら得点になった。パーフェクトだよ!」

「厳しい時間帯で僕らは得点を奪う必要があった。

このゴールは嬉しいよ。自分が得点を決めて1-1になった時、試合を取り戻して勝つためのさらなるエネルギーを僕らにもたらしてくれたからね。

最終的に僕らはそれ(逆転勝ち)をやり遂げた。だから、とても誇りに感じているよ」

また、初ゴールは嬉しいけれど、最も大事なのはシーズン初戦に勝ったことだとも。

トッテナムは第2節で王者マンチェスター・シティと対戦する。エンドンベレのプレーも大注目だ。