サッカー界屈指の資金力を持つマンチェスター・シティ。今季はプレミアリーグ3連覇を目指している。

そうした中、FIFAはシティが犯した18歳以下選手の獲得ルール違反に対する処分を発表した。

制裁委員会はシティが責任を認めたことを考慮し、37万スイスフラン(4043万円)の罰金を科したとのこと。この結果、補強禁止処分の制裁は回避された。

現地では同じようなルール違反を犯したチェルシーへの処分との差異が話題になっているようだ。