この夏、アントワーヌ・グリーズマンやフレンキー・デヨングを獲得したバルセロナ。

連覇を目指すリーガ開幕戦でアスレティック・ビルバオと対戦したが、0-1で敗れてしまった。

38歳FWアリツ・アドゥリスのゴールは伝説級!

こりゃすげぇや…。

この試合ではリオネル・メッシが怪我のために不在。かねてよりメッシ依存が指摘されているバルサだが、この敗戦でその点が再び話題になっている。

『Transfermarkt』を参考に、メッシが欠場した直近の試合結果を調べてみた。

2019年8月17日 リーガ1節 vs アスレティック・ビルバオ:●1-0

2019年5月4日 リーガ36節 vs セルタ:●2-0

2019年4月13日 リーガ32節 vs ウエスカ:△0-0

2019年1月23日 コパ・デル・レイ vs セビージャ:●2-0

2019年1月10日 コパ・デル・レイ vs レバンテ:●2-1

2018年12月5日 コパ・デル・レイ vs レオネサ:○4-1

メッシなしの場合、直近の5試合ではなんとひとつも勝てていないのだ(1分4敗)。セルタ戦などは優勝決定後の消化試合ではあったが、この結果はなかなか露骨。

開幕戦ではルイス・スアレスもふくらはぎを痛めて負傷交代になっている。彼は10日ほど離脱する見込みで、ベティスとの第2節はメッシとスアレスなしで臨むことになりそうだ。