今季チェルシーからアーセナルに電撃移籍したブラジル代表DFダヴィド・ルイス。

早くも先週末のバーンリー戦ではセンターバックとして初出場を果たし、90分プレー。2-1の勝利に貢献している。

その際に話題となったのは、ボランチで出場したマテオ・グエンドゥージと思いっきり被っている髪型。見分けづらいと世界各国から声が上がった。

『Canal+』によれば、グエンドゥージは今季のアーセナルについて以下のように話し、ダヴィド・ルイスの髪型についてはこう評したとのこと。

マテオ・グエンドゥージ

「我々がアウトサイダーだとは思わないよ。昨季と比べれば本当にいいスカッドとスタジアムを持っているし、トップ4でフィニッシュできる力があると信じられる。チャンピオンズリーグに出場するのが目的だ」

(新加入の選手については?ニコラ・ペペはどう?)

「彼は素晴らしい人だ。我々を高みに導いてくれるだろう。バーンリー戦では相手を倒す能力を持っていることを証明した。ラカゼットとオーバメヤングとともに多くのゴールを決められると思うよ」

(ダヴィド・ルイスについては?)

「僕の髪型のほうが素晴らしいね。より美しい」

とくに理由は告げられていないものの、北ロンドンにおけるアフロの王様の座はグエンドゥージのままであるそうだ。