ブレーメンの大迫勇也が今季ブンデスリーガ初ゴールを決めた。

ホッフェンハイムとの第2節に先発すると、後半36分に完璧な同点ゴールを叩き込んでみせた(動画5分5秒~)。

高い位置でパスカットしたデイヴィ・クラーセンからのボールを受けた大迫。ファーストタッチでDFを鮮やかに料理すると、右隅に低くて速いシュートを叩き込んで見せた。 

ボールを受けてからゴールを奪うまでの過程はまさに完璧!文句のつけようがないゴールだった。

得点後に喜びを爆発させた大迫だったが、その直後に右足をおさえて倒れ込むと結局は交代することに…。

その後、チームも勝ち越しを許して3-2で敗戦。ブレーメンは開幕2連敗となってしまった。