先週末に開幕した2019-20シーズンのセリエA。

アントニオ・コンテ監督を招聘したインテルは昇格組のレッチェをホームで迎え撃った。 

試合は4-0でインテルが快勝。新戦力のロメル・ルカクはフル出場すると、3点目のゴールをゲット。

セリエAデビュー戦で決めた初ゴールがこれだ!(以下動画2分40秒~)

後半15分、縦パスをダイレクトでラウタロ・マルティネスに落としたルカク。シュートのこぼれ球に反応すると右足で冷静にゴールを陥れてみせた。

幸先いいスタートを切ったインテル。それでも、コンテ監督は「試合の局面でもっといいコントロールをする必要がある」と気を緩めることはなかった。

第2節はカリアリとの対戦になる。