現在マンチェスター・ユナイテッドからイタリア・セリエAのインテルに期限付き移籍する可能性が高まっているアレクシス・サンチェス。

木曜日にも正式な契約が結ばれると言われており、今夏同じようにインテルに加入したロメル・ルカクと再会することとなる。

そのルカクは先日メディアに対して「クラブの批判のスケープゴートになった」とユナイテッドでの立場に不満を述べていた。

今回『The Athletic』が内部の関係者の話として伝えたところによれば、サンチェスはもはやルカクとしか交流しない状況にあったという。

「サンチェスは、マンチェスター・ユナイテッドでルカクとしかうまくやっていけなかった。

1-0で勝利しても、サンチェスは自分が点を取れなければドレッシングルームで何かのものを蹴り上げるような選手の一人だった。

そして、もし彼が2得点を決めていれば、試合で負けていても上機嫌だった。彼は他の選手と混ざらなかった。試合後ラウンジに来ることもめったになかった。

さらに、サンチェスと選手やスタッフとの間は常に緊張していた。それは彼の週50万ポンド(およそ7300万円)という巨額の給与が公表されたためだ」

サンチェス自身の性格に加えて、周囲との差があまりにも大きい給与の額が悪影響を与えていたとのことだが…。ルカクとはチーム内でうまくやっていけない者同士で馬が合ったのかもしれない。