この夏、ポルトガルのマリティモにローン移籍した前田大然。早くも初ゴールを決めるなど新天地で確かな存在感を見せている。

パッソス・フェレイラとの第4節にも先発すると後半に大チャンスが到来。だが、やってしまった…(以下動画3分11秒~)。

持ち前のスピードを生かして味方からのパスをフリーで受けた前田。だが、ボールコントロールがやや乱れたことでDFとGKに阻止されてしまったのだ。

決定機だっただけに勿体無いプレーだった。速さは十分通用しているだけに、このあたりが課題だろうか。

なお、マリティモは前半に退場者を出しながらも0-1で勝利。今季初白星を手にしたヌーノ・サントス監督は、数的不利のなかでもセットプレーを生かして勝点3を掴み取ったことに満足感を表していた。