今夏ポルトガル1部のマリティモに移籍した前田大然が、11日に行われたリーグ開幕戦でデビュー。

相手はポルトガル3強の一角スポルティング・リスボンだったが、後半途中に投入された前田は限られた時間のなかで見せ場を連発した。一番惜しかったのがこれ!(動画2分52秒~)

右サイドからのクロスをダイビングヘッド!

相手DFの背後に身を潜めたポジショニングからニアに飛び込むタイミング、体を倒しながらのヘディングまでほぼ完璧だったが、シュートは惜しくもバーを叩きゴールとはならなかった。

前田は終了間際にも左足でシュートを放ったものの僅かに枠を捉えられず(動画3分48秒~)。ただ彼のプレーはファンたちの印象に残ったようで、SNSなどでは讃える声が上がっていた。

試合は1-1の引き分けで終了。地方クラブであるマリティモにとっては3強相手からの価値のある勝点1となっている。