キリアン・エムバペやネイマール、酒井宏樹らがプレーするリーグアン。

昨季ブレイクした若手のひとりが、ニースのアルジェリア代表DFユースフ・アッタールだ。

右サイドバックもしくはウィングバックとしてリーグアン1年目で29試合に出場。ハットトリックを含め6ゴールと大暴れ。チェルシーやPSG、インテルなどのビッグクラブが獲得を狙っていると噂されている。

彼の武器のひとつは驚異的なスピード。攻撃だけでなく守備面でもそれが強みになっている。ベナンとの国際親善試合でも圧巻のスピードで驚異の守備を披露した。

それがこれ!

自分が上がった裏のスペースを突かれたアッタール。だが、全力疾走で守備に戻るとタックルを決めてカウンターを阻止してみせたのだ。

攻守が入れ替わった最初のシーンで相手に付いていくのが遅れているのだが、それを挽回できてしまうほど明らかに速い…。

また、アタールは攻撃でも圧巻のキレとスピードを見せつけている。

相手DFと1vs1になった場面、ボディフェイントからの縦への突破で置き去りに!

一部リーク情報によれば、サッカーゲーム最新作『FIFA20』で、アッタールのスピード(ペース)は88に設定されているとか。