昨季、UEFAチャンピオンズリーグで優勝を遂げたリヴァプール。

そのなかで復活を目指しているのが、元イングランド代表MFアダム・ララーナだ。

彼はより深いポジションにチャレンジしており、同僚であるファビーニョのプレーを練習からチェックしているという。

『The Times』によれば、こう述べたそうだ。

アダム・ララーナ(リヴァプールMF)

「チャンスが来るのをまだ待っているよ。

来るかもしれないし来ないかもしれないけれど、間違いなく面白いね。

とても刺激的さ。これまでのキャリアよりもボールを多く触るようになったからね。

“8番”だと囮になるランニングだったりボールを貰わない時もある。

一方、“6番”だとプレーに集中してビルドアップにかなり絡むことになる。

それがすぐに気付いたことで、刺激の源さ。ボールを触るのは気分がいい」

「ジョーダン(・ヘンダーソン)からは、フレンキー・デヨングを見る必要があると教えられたよ。

彼のプレースタイルは他の“6番”よりも少しドリブルが多い。

それはちょっとリスクにもなるけれど、自分のゲームにもあるものだ」

同僚ヘンダーソンからは、バルセロナのオランダ代表MFデヨングのプレーを見ろと言われたそう。アンカーとして参考にすべき選手として彼の名前を挙げていたようだ。