バルセロナへの復帰は実現せずにPSGに残留することになったネイマール。

一部ファンからは辛辣な反応もあったが、ピッチ上ではさすがのパフォーマンスを見せつけている。

リヨンとのリーグアン第6節でもふたたび終了間際に決勝点を決めてみせた。その圧巻シーンがこれ!

ボックス内の密集地帯でボールを受けたネイマール。4人に包囲された状態だったが、素早いターンでわずかなスペースにボールを持ち出し、倒れ込みながら左足でシュート!サイドネットに突き刺す圧巻の一撃を叩き込んでみせた。

この決定力がネイマールのすごさのひとつ。

『Le Parisien』によれば、トーマス・トゥヘル監督は「彼にとっては4か月で3試合目だ。まだ100%ではない。もっと良くなるよ。ネイは常に決定的だし、クリエイティブだ」と讃えていたそう。