開幕5試合時点での勝点が25年ぶりの酷さだったバルセロナ。カンプ・ノウで行われた第6節ビジャレアル戦には2-1で勝利した。

得点を決めたのは、アントワーヌ・グリーズマンとアルトゥール。特にブラジル代表MFアルトゥールの一撃は衝撃的だった。その圧巻シュートがこれ!

無回転ミドルにあのアセンホが一歩も動けず…。動画27秒~からをよく見ると、シュートの軌道が途中でおかしな変化をしているように…。

試合後のバルベルデ監督は「今のアルトゥールはやや攻撃的にプレーしている。彼には脅威を作り出す能力があるからね。多く得点を決める選手ではないが、アシストもできる」とコメントしていたそう。