先日行われたブラジル全国選手権2部、オエスチ対サン・ベントの試合で珍しい場面があった。

試合開始から10分、オエスチのDFクレーベル・ルイスがGKルイス・カルロスへバックパスを送ると…。

これはやっちまった!バックパスをトラップするための足が遅れ、なんと逆にヒールキックのように…。

なお、このオウンゴールで失点してしまったオエスチであるが、その後13分と前半アディショナルタイムにネットを揺らし逆転。しかも逆転ゴールはクレーベル・ルイスのものだった。