欧州主要リーグではプレシーズンマッチが本格化してきた。

そうした中、ブラジルでの信じられないようなスーパーオウンゴールが話題になっている。

全国選手権1部、アトレティコ・ミネイロ対フォルタレーザ戦での衝撃シーンがこれ!

フォルタレーザMFジュニーニョが蹴ったバックパスは、なんと自陣ゴールに…。

前に出ていた味方GKフェリピ・アウヴィスも為す術なし。どうしてあんなキックをしてしまったのか…。

『Globo』によれば、本人はこう語っていたそう。

ジュニーニョ(フォルタレーザMF)

「ピッチはちょっとデコボコで、弾んだボールが脛に当たってしまった。

ひどい不運だった。信じられなかった」

ただ、戦犯になりかけたジュニーニョだが、後半にはPKで同点ゴールをゲット。

2-2の引き分けで終了した試合後には「神は偉大だ。試合の中で自分自身を救うチャンスをくれた」と胸を撫で下ろしていたそう。