近年まれに見る不調に陥っているマンチェスター・ユナイテッド。30年ぶりとなる最悪のシーズンスタートとなっており、プレミアリーグでは12位に沈んでいる。

1-0で敗れたニューカッスル戦ではこんな痛恨ミスも話題になった。

そうした中、サム・アラダイス氏は降格の可能性もありえると述べたという。

『talkSPORT』によれば、かつてボルトンやイングランド代表を指揮した同氏はこう語ったそう。

サム・アラダイス

「彼らは(1974年に)降格している、机上では素晴らしいチームだったがね。

マンチェスター・ユナイテッドは得点力が十分ではない。それで苦しんでいることが見て取れる。

うまくいけば最下位の争いにはならないが、間違いなくそこに向かっている。

オレ(スールシャール監督)には大仕事がある。

彼らが(チームの)再建期だと言うのは分かるし、再建の時期だ。

だが、チーム内最高のゴールスコアラーを手放してはいけないし、彼を置き換えられてもいない。

これは大きな問題だ。

彼らが欲しがっているトップストライカーをどこで手に入れるつもりだ?」

ロメル・ルカクの放出を嘆きつつ、彼の代役を獲得しなかった点も指摘していた。