23日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのヘンク対リヴァプールは、1-4というスコアで終了した。

伊東純也もスタメン出場した試合を支配したのは敵地に乗り込んだリヴァプール。開始2分でアレックス・オックスレイド=チェンバレンが先制点を決め、優勢な状況を手にした。

そして57分、そのオックスレイド=チェンバレンが追加点を決めることになるのだが…。

これはとんでもないアウトサイドシュートだ…鮮やかにゴール左上に叩き込み、ネットを揺らした。

リヴァプールは今季のチャンピオンズリーグ初戦でナポリに敗れたものの、その後レッドブル・ザルツブルクとヘンクに連勝。グループ2位でノックアウトステージ進出圏内を維持している。