ドイツ1部フォルトゥナ・デュッセルドルフとキットサプライヤーのUhlsportは29日、胸にドクロをプリントした特別なユニフォームを発表した。

デュッセルドルフとドクロのコンビ。これに見覚えのあるユニフォームファンもいることだろう。今回のデザインはあのDie Toten Hosenへのオマージュだ。

Fortuna Düsseldorf 2019-20 Uhlsport Fourth 'Die Toten Hosen'

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2019-20 Uhlsport ドクロ ユニフォーム

デュッセルドルフ出身のパンクロックバンドDie Toten Hosen(ディ・トーテン・ホーゼン)は、かつてのユニフォームスポンサー。トップチームとユースチームのキットにバンドのロゴマークを掲出していた。

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2019-20 Uhlsport ドクロ ユニフォーム

今回の特別ユニフォームは、クラブとDTHのパートナーシップ30周年を記念したもので、胸にドクロのロゴが帰ってきた。ボーダー柄はバンドのロゴマークを掲出していた2001-02シーズンのキットを彷彿とさせる。シャツ右裾にはDTHの名を刻んだジョックタグを装着。

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2019-20 Uhlsport ドクロ ユニフォーム

背面にはボーダーが入らず、シンプルにブラック一色。首元にはDTHの曲名“Alles Aus Liebe”をレタリングする。

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2019-20 Uhlsport ドクロ ユニフォーム

胸部分は通常「HENKEL」のスポンサーロゴを付けるが、今回はスポンサー側がDTHへ敬意を表して、ドクロロゴのプリントを快諾した。画像のユニフォームを着た男性は、DTHでボーカルを務めるカンピーノ(Campino)。

11月23日にホームで行われる第12節バイエルン・ミュンヘン戦で、チームはこのドクロのユニフォームを着用する予定だ。