今季は怪我で出遅れたリオネル・メッシだが、5試合連続計6ゴールと大暴れを見せていた。最新ゴールはこの必殺フリーキック!

何度見てもえげつない…。

そのメッシ擁するバルサはUEFAチャンピオンズリーグ第4節でスラヴィア・プラハと対戦。カンプ・ノウでの一戦ということもあり、勝利は必須だったが、結果はまさかのスコアレスドローとなった。

メッシはチーム最多の枠内シュート6本を放つも、バーに嫌われるなどネットを揺らせず。

『BBC』によれば、メッシがCLグループステージのホームゲームでアシストも得点もできなかったのは、実に2012年以来のことだそう。

直近のインテル戦ではアシストを記録しているが、これでホームでのCL2試合連続ノーゴールにもなった。メッシがCLのホームゲームで2試合連続無得点なのは、2015年4月以来のことだそう。

ただ、バルサ自体はCLでのホームゲーム34試合無敗(30勝4分)を継続している。