6日に行われたUEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第4節のヴィトーリア・ギマランエス対アーセナルで、素晴らしいゴールが決まった。

試合は0-0のまま終盤に突入したが、80分にシュコドラン・ムスタフィのゴールが決まり、アーセナルがリードを奪う。

反撃を試みるホームのギマランエス。同点ゴールは後半アディショナルタイムに生まれた。右からのクロスをファーで折り返し、最後はブルーノ・ドゥアルテ!

バイシクルシュートで合わせたボールは、一度バウンドしてゴール左隅に吸い込まれた!

強豪相手の同点弾、しかもアクロバティックなシュートとあって、ベンチもスタンドも沸騰。試合はこのゴールで1-1の引き分けとなった。

ヴィトーリア・ギマランエスはここまでの3試合を3連敗で終えていたこともあり、今季のヨーロッパリーグで初めての勝点奪取。わずかながら決勝トーナメント進出の可能性を残すことに成功した。