これまでいくつかの交通違反によって運転禁止処分を課せられているマリオ・バロテッリ。今回もまた同じ経験をしたようだ。

『Gazzetta dello Sport』によれば、バロテッリはスイスの街カモリーノの交通課によって4ヶ月の運転禁止と100フラン(およそ1万1000円)の罰金を言い渡されたとのこと。

バロテッリはスイスの高速道路で何らかの違反を犯したようだが、法的な規制によって違反の内容については明らかにされていない。

いずれにせよバロテッリは2019年12月31日~2020年3月30日までの間スイス国内で車を運転することは不可能となったそう。

近年バロテッリはフランス、そしてイタリアで交通違反による摘発を受けている。

2015年にはマルセイユでスピード違反の取締を受け、免許取消処分となった。また2017年にはイタリアの高速道路を時速200kmで走行していることが明らかになり、罰則を言い渡されていた。