2018年夏にアーセナルとの契約が終了となり、その後は評論家としてメディアで活躍しているアーセン・ヴェンゲル氏。

年齢も年齢であるとはいえその実績は高く評価されており、先日からはニコ・コヴァチ監督を解任したバイエルン・ミュンヘンが契約に乗り出しているという噂もあった。

ついに現場復帰か…と思われていたが、今回ヴェンゲル監督はこんな仕事に就いたことが明らかになった。

ヴェンゲル氏は今回国際サッカー連盟(FIFA)の国際サッカー開発部門(Global Football Development)のチーフに就任したとのこと。

具体的には、ヴェンゲル氏は監督としての長いキャリアを生かしてコーチ教育に焦点を当て、元選手にフロント入りを奨励、支援するプログラムの運営に関わるとのこと。