本日、キリンチャレンジカップの日本代表対ベネズエラ代表がパナソニックスタジアム(吹田)で開催される。

日本代表は今回の招集で2試合を戦うが、1試合目を遠いキルギスの地で行ったこともあり、実質的に海外組と国内組を分けて2チームを編成した。

そのため、このベネズエラ戦には国内でプレーする9選手が追加され、そのうち4名の選手が初招集されている。

試合を今夜に控え、その4名の顔ぶれと注目してほしい彼らの武器について取り上げよう。

荒木 隼人(サンフレッチェ広島)

荒木隼人

今季の成績:21試合2ゴール

大阪に生まれ、G大阪のジュニアユース、広島ユース、関西大学を経て、今年プロの世界に身を投じた。

そんな大阪・広島を往来する23歳は当初ACLでのみ先発に起用されていたが、夏場以降にリーグ戦でもポジションを奪取。現在は3バックの中央を任されており、1年目にしてA代表入りの誉を得た。

彼の武器は対人守備の強さ、そして185cmの長身を生かした空中戦。その高さは既にJリーグ有数、アジアでも十分に通用する次元にあり、4月のACL・大邱戦では屈強な韓国人を抑えて頭で初ゴールを記録している。

荒っぽさはある。しかし危険を顧みない強靭な精神力は頼もしく、その気持ちが上記2つの武器を支えているといっても過言ではないだろう。