今夏白血病に侵されていることが発覚し、化学治療を行うことになったボローニャ監督シニシャ・ミハイロヴィッチ氏。

それでも監督の座を降りることはなく、治療を続けながら復帰を目指していた。

そして20日に3回目の化学治療を終えて退院。そして21日にはすぐにボローニャのトレーニングに復帰したのだ。

怪我から復帰した冨安健洋も映っている。監督の復帰によってトレーニングはさらにピリッとした雰囲気になったようだ。

24日にはパルマと対戦する予定になっているボローニャ。冨安の出場、そしてミハイロヴィッチ氏の指揮はどうなるだろうか。